シミ、くすみのない肌は憧れ

シミ、くすみのない肌は憧れですよね。
ですが、これらを一生懸命にコンシーラやコントロールカラーで隠したり、
レーザーなどで人工的に取り去ってしまうのはできるかやりたくないかなと思います。

 

 

こういった問題は毎日の予防できれいにすることは可能です。
まずはシミ、くすみができてしまう現在のしっかり理解することから始めましょう。

 

 

しみにおいては外因性のものや、特に思い当たる節がないのに、
突然、頬の外側にシミができてしまったという内因性の問題とか考えられます。

 

 

 

そして、内因性のものは内側からのスキンケア、外因性のものは外側からのスキンケアを行うことが大切です。
肌トラブルはできてしまった原因をしっかり確認してそこを中心的にケアしてあげるのが基本です。

 

 

シミができてしまう仕組みとしては、紫外線が経ってしまうと皮膚はメラニン色素を作って自ら防御を始めます。
このメラニン色素は少しずつ肌の表面浮上してゆきます。

 

通常では皮膚の新陳代謝によって剥がれてしまうのですが、年齢を重ねることによってだんだんとうまくいかなくなってきます。
これが肌に残ってしまいしみになってしまいます。

 

 

紫外線には種類があります、またそれに伴い使う化粧品にも違いが出てきます。
地上に届く紫外線には、長波長紫外線と中波長紫外線があります。

 

UVAは真皮までとどいてシワやたるみの原因になります。
中波長紫外線は表皮に強く作用してしみ、そばかすの原因を作ってしまいます。

 

 

ファンデーションランキング!肌に優しいコスパ最強BEST3!